2016年05月02日

シャドウ・オブ・モルドール。

スカイリム」の闇の一党クエストが楽しすぎて
もっと暗殺したいという欲求からステルス系ゲームを探し
そのときに引っかかってきたゲームのひとつ
シャドウ・オブ・モルドール」をプレイしました。



調べたときから評判は良かったのだけど
実際遊んでみると予想していたよりずっと楽しかったです。

このゲーム、ワーナーのゲームということと、
なにやら説明もなく色々専門用語が出てきてる気がしたのとで
ちょっと調べたところ「ロード・オブ・ザ・リング」の世界らしいです。
「ロード・オブ・ザ・リング」と「ホビット」の間のお話だとか。
わしはどっちも観たことも読んだこともないので
何がどう関係しているかさっぱりでしたが
あの世界がお好きな方はさらに楽しめるゲームかも。

物語は主人公タリオンさんとその家族が殺されるところから
始まります。



黒の手とかいうのに殺され、冥王サウロンが復活したとか。
なんかそんな感じ。



妻子を殺され、自身も殺されたハズのタリオンさんですが、
なぜか死んでいない。
死に追放されたとかいう呪いをかけられたんだよということを
幽霊のように透明なエルフに教えられます。
呪いを解くため、家族の敵を討つために
タリオンさんの冒険は始まるのです。


てことでタリオンさんは敵と戦って殺されても死ねない身体。
この設定がこのゲーム独特のシステムに上手く活用されています。



このゲーム、敵の軍団がしっかり組織として出来上がっていて
それをこのように確認することが出来ます。
名もない雑魚敵がタリオンさんを倒すと隊長に出世。
パワーがアップしていったりするのです。

タリオンさんは死ねない身体なので、
また自身を殺した敵と再会する事もあったりするのですが、
その時の敵のセリフなんかも変わったり。
隊長たちも倒したからといってすぐ死亡するとは限らず、
再会したときに恨み言を言われることなんかもあったり。
隊長たちにはそれぞれ二つ名もついていて、
なおかつ弱点や特質が異なっているので個性付けもしっかりと
されています。



タリオンさんが倒して空席となった隊長ポジションは
時間経過やタリオンさんが倒される事によって
下っ端が出世していくのです。
このシステム本当によく出来ていて楽しかったです。


基本的な戦闘はワーナーといえばコレって事で
バットマン戦闘の使い回し。



しかも透明なエルフのおかげか「幽鬼の力」というのが使えて
バットマンに劣らない、なかなかかっこよく爽快な戦闘が
楽しめます。



ただバットマンと違ってけっこうえげつなく、
頻繁に首チョンパしたりするので
そういうのが苦手な方はダメかもしれない。
敵であるウルクの血は赤くはないです。



スキルツリーでアビリティを覚えていくタイプで
ストーリーミッション中に覚えるものもありますが、
基本経験値を溜めれば覚えていけるので
難易度設定がないゲームではありましたが、
へたくそなわしでも詰まる事なく遊ぶことが出来ました。



わしの実況プレイはこちら。



後半になると敵を操ることも出来るようになり、
敵の軍団を内部から崩壊させることも可能になったり。
本当に楽しいゲームでした。



で、そんな感じで色々出来るゲームなため、
宿敵が出来たり、自分が操り育てた雑魚が
軍団長まで上り詰めたり、楽しみ方がいろいろ。



わしの宿敵はオサ”骨砕き”さんでした。
もう、何度殺し殺されを繰り返したことか・・・。
今となっては良い思い出です。


このシステム、1作だけで終わらせるにはもったいないし
バットマン戦闘同様使い回すなり、続編を作るなり
出来ないものだろうか。
終わった後も軍団育成を楽しめるけれど、
また新しいゲームでも楽しみたいなと思うシステムでした。






てことでもっとみんな遊ぶべき!と思ったこのゲーム、
興味がおありの方は是非プレイしてみてください。
オススメです。



PS4 シャドウ・オブ・モルドール(初回生産特典:ダークレンジャーパックDLC ダウンロードコード同梱)
シャドウ・オブ・モルドール(PS4版)
シャドウ・オブ・モルドール(PS3版)
シャドウ・オブ・モルドール(XboxOne版)



















posted by マヤ at 07:47| Comment(2) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外でゲームオブザイヤーとか受賞してると聴いて1年前から欲しいものリストにあったやつでした。(遊べるハード持ってないのに)

しかしプレイ動画観せてもらったところ、どうも主人公の見た目とかゲーム性とか好みに合わなかったみたいで、欲しいものリストから消されました(笑)。

ミラーズエッジはなぜか酔わないと分かったので逆に少し興味を持ち始めたのですが。もっと元気が出て来たら遊びたくなるかも知れない。


本日の画像認証 : ちんをもる
Posted by ヨコ爺 at 2016年05月03日 23:46
わしは逆に世界に興味がないのでどうだろうと思いながらプレイし始めたタイプなんですが、おもしろかったですねー。
かといって指輪物語に興味が出るかというと、それはなかったのですが(笑)。

ミラーズエッジはDisc版も安価で入手出来るはずなので、気が向いたときにでも是非プレイしてみてくださいませ。
Posted by mayasama at 2016年05月04日 00:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください