2013年11月23日

【Skyrim その57】ドーンスター博物館。

お久しぶりのスカイリム。
モニタを新しくして再開したわけですが、なんだか色味が違う。
これは落ち着かない。
以前のモニタの設定とか覚えてないし、
いろいろと設定をいじってみること1時間。
そう1時間ですよ。
あっという間に1時間。
それでも結局落ち着かないまま。


とりあえずラリスさんに会ってきました。
あれですね、やはり酒場にいらっしゃいました。



話しかけてみたけど、「なんか用?」みたいな感じで。
それ以上特になし。
前回、なんか力になってくれるみたいに言ってなかったっけ?

続きを読む
posted by マヤ at 08:26| Comment(0) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

GOD EATER 2。

久しぶりの更新です。
パソコンは壊れたままですが、代用にノートパソコンを用意し、
壊れたモニタは新しく買い換えました。
一応ブログの更新くらいはできる感じです。
これからもがんばって更新していきます。たぶん!


てことで久しぶりの更新は「ゴッドイーター2」です。



わしのもう何度目だろうかという18歳のお誕生日に発売。
なのに自分で購入。
同じ日に発売された「CoD:G」も自分で購入。
あげくにkonozama食らうわ、ゆうメール遅くて受け取れないわで
ようやく遊べたのは土曜日の午後でした。

続きを読む
posted by マヤ at 01:13| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

【Skyrim その56】未発掘。

アイテム整理後ラリスさんのところへ向かいました。
キャンプはまた少し大きくなった気がするけど、
ラリスさんの姿が見当たらない。
いつものように、日記の盗み見から始めた。



これは完全にあかんヤツや。
今までの鉱山労働者はラリスさんに殺されたのか。

続きを読む
posted by マヤ at 08:17| Comment(0) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

【Skyrim その55】ディベラの心臓。

カルセルモの頼みを終えた後、
せっかくマルカルスへ来ているのだからと
ディベラ聖堂へ行ってみた。
ディベラさまといえば、たしか美を司る神様のハズ。
ぜひとも結婚に向けて祝福が欲しいところ。
そんな理由で立ち寄ったのでした。

かつて「絶対入るな」と言われた最奥聖域。
そこで金のディベラ像を盗んだりもした。
で、そのお部屋で聖堂の偉い人たちがいたのだけど、
今回その人達に話しかけてみたところ、
えらく怒られてしまった。
まぁ「入るな」って言われてるとこ入ってるしな。
いつもなら何かしら罰を与えられるらしいのだけど、
今は急ぎの用件があるから手伝ってくれとのことだった。
なんでもディベラのシビルとやらを迎えに行けと。
シビルが亡くなったから後継者のシビルを連れてこい、と。
そういうことらしい。
シビルってなんだろうね、巫女さんみたいなもんだろうか。
連れてきてくれたらディベラから祝福が与えられるらしい。
なんでも「世の中の異性があなたにより弱く、意のままになる」とか
なんかすごいこと言われた。
この依頼を断る理由があるだろうか?
いや、ない。(断言)
続きを読む
posted by マヤ at 08:35| Comment(0) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

【Skyrim その54】消えた探検隊。

さて、ラリスさんから新しい手紙が届いているものの、
自宅の畑からジャズベイブドウを収穫したりして
のんびりとくつろいでいたわし。
マップを広げて、次はどこへいこうかーなんてワクワクと
考えておりました。
というのも、やっぱりダンジョン潜りたい感が物足りなく、
どこかダンジョンとかボス戦とかやりたいなーと。

とりあえず首長からの依頼や賞金首のクエストをしてみた。
気がつけばけっこうたまってたので、
マップに出てるところから順番に行ってみた。

ところが一番最初に行ったところは盗賊ギルドのクエストで
ライバル盗賊がいたところなんだけど、
バグがあるらしく、リーダーが地面に埋もれてて倒せませんでした。
いきなり出だしがコレで先行き不安である。

続きを読む
posted by マヤ at 00:16| Comment(0) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

【Skyrim その53】優美なサファイア。

エンバーブランド・ワイン、見つけました!
見つけたことを報告しろみたいに書かれてたから、
隠されてたよというのを言うためにワインはそのままに。
別に持って行ってもいいんだろうけど、なんとなく。
隊長に報告後、ワインいただきました。
8本もあった。
これでレイヴン・ロックの兵士たちも仕事に集中出来るだろう。

ワイン探すのにレイヴン・ロックの海岸を散歩したりして、
貝が落ちている事に気付いた。
パールとかどうやって入手するのかと思ってたけど、
ふつうの貝の他に真珠貝もあって、そこから小さなパールがとれた。
もっと人が居ないところだと、小さくないパールもあるのかな?
ふつうの貝からは貝の肉がとれたので、
何か料理作れるかなーと思ったけど、特に何も出来なかった。
材料として何がいるんだろうか。
アッシュヤム?みたいな名前のおいもみたいなやつも、
全然料理に使える気配がない。
調味料塩くらいしか持ってないのがいけないのか。
今度小麦でも用意してみよう。

続きを読む
posted by マヤ at 09:42| Comment(0) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

【Skyrim その52】エンバーブランド・ワイン。

なんだかダンジョンに潜りたい気分になったので、
どこか適当に行くことにした。

以前行ってみようと思って目的地が見つからなかった
吸血鬼を倒しに行くファルクリースからの依頼を実行。
今度はちゃんと目的地を見つけることができた。
なんか普通の建物っぽかったから、
ダンジョン潜りたい欲求はあまり満たされなかった。
やはり墓地っぽいとこ選ぶべきだっただろうか。

でも、初めてガーゴイルを見たので満足。
そんなもん出てくるとは思わなかったから、
ちょっとビビりましたよ。
続きを読む
posted by マヤ at 09:08| Comment(0) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする