2013年07月28日

GOD EATER 2 体験版 オプション。

ゲーム雑誌を見ていていつも思う事が
キャラ紹介とかそういうのは別にどうでもいいから
操作方法とオプション画面を載せてくれ!という事。

てことでゴッドイーター2はオプションで変更出来る事も多いし、
ちょっとSSで撮ってみました。
たしかBGM音量だけは下げましたが、
あとはデフォルトのままだと思います。
キーコンフィグはタイプAのみの撮影です。
VITAでの操作がどんな感じなのか気になる方の
ご参考にでもなればー。
続きを読む
posted by マヤ at 04:50| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

GOD EATER 2 体験版。

待ちに待った「ゴッドイーター2」体験版です。
VITAでPSP組より一足お先にプレイ。



すでに公開されているトレイラーの後に
体験版のタイトル画面でした。
オープニングムービーとかではなかったです。

まずはキャラメイクから。



体験版では全部のパーツは使えないらしいので、
なるべく前作キャラに似せては見たものの、顔が全然違うし、
眼帯で顔を隠してごまかしました。
顔は表情テストが出来るようになって良い感じ。
ボイスは男女各13種類ずつありました。
製品版ではもっと増えるんだろうか?
ダメ絶対音感の無いわしには、今回どれも似た声に聞こえてしまいます。

前作ではメガネやヘッドフォンなどが髪型とセットになっていたけど、
今回は別々になっています。
ヘッドフォンやリボンなど頭につけるものの場合は、
髪型によってつけられるものとそうでないものがあるみたい。続きを読む
posted by マヤ at 21:25| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

【Skyrim その25】オラフ王の焚刑祭。

ウィンドヘルムでの家購入を考えて、
念のためにウルフリックがいないか見に行ってみた。
途中話しかけた人からちょっとしたクエストを頼まれた。
まだクエスト発生するかと思ったわしは、
いろんな人に話しかけまくった。
肝心のウルフリックはやっぱり見当たらなかった。

そして気付いた。
以前の殺人事件、まだ続いているということに。
もしかしたらどこかではずみでなんかそんな話聞いてたのかも?
つか、こないだ盗賊ギルドの特殊任務で来たときに、
娘が盗賊に殺されたと言ってたけど犯人わからないままで、
なんかおかしいなーとは思ったんだ。
つまりわしが誤認逮捕していたせいで、
新たな犠牲者が出てしまっていたわけだ。

てことでさっそく捕まってる人に会いにいった。
どうも彼も犯人捜しをしていたらしく、怒られた。
協力して、そろそろまた誰か殺されそうだということで、
わしが夜に見回ることになった。
目の前で女の人を殺そうと狙ってる人がいたから、
そいつを殺そうとしたらわしが衛兵に殺された。
いつもの事とはいえ、ひどすぎる仕打ちである。
続きを読む
posted by マヤ at 05:57| Comment(0) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

【Skyrim その24】プラウドスパイヤー邸。

ようやく25000円がたまりました。
最終的に盗賊ギルドでデルビンさんとヴェックスさんに仕事をもらい、
350円ずつの報酬+盗んできた金目の物を売り払って金策。
ギルドの報酬のしょっぱさはなんとかならないものだろうか。

ギルドの仕事をしているうちに、ホワイトランとウィンドヘルムで
特殊任務が発生した。
これで都市2カ所、ギルドへの協力者ができて、
ギルドの勢力拡大に貢献したようだ。
デルビンさんに才能があるとかえらく褒められてしまった。



これが購入したプラウドスパイヤー邸。
お隣さんは皇帝のいとこだとか言ってた。
すぐ裏手というか反対の隣というか、そっちには詩人大学がある。
お店とかは遠いし、あんまり便利ではないかな。
続きを読む
posted by マヤ at 05:16| Comment(4) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

【Skyrim その23】オンマンドの要求。

ひどい目にあった。
今日もまた細かいクエストをいくつかこなして終わろうと
そんな気分でいた。
ついでに復学も見据えて、同級生に頼まれてることも
ちょっと手伝ってやろうかなーくらいの気持ちで。

同級生のオンマンドくんはノルドの脳筋のくせに
魔法に興味を持ち、ウィンターホールド大学へ入学したらしい。
同じノルドとして親近感もあるし仲良くしたいと思っていた。
だが彼もけっこうおバカさんで、お金のために大事なアミュレットを
エンシルという悪い生徒に売ってしまったらしい。
そのアミュレットを今更になって取り戻して欲しいと言うのだ。

この話を聞いた当時、わしはすでに盗賊ギルドにいたハズ。
そしてオンマンドのことを「バカじゃねーの」と貶む目でチラリと見、
軽くエンシルに話をするだけして放置していた。
エンシルもまた面倒を持ち込んだからだ。
返してやってもいいけど、エンシルが他に売った杖を取り戻せと。


このスカイリムという場所は、何かお願いをきいてあげると
掌を返したようにみんな「友よ」とわしのことを呼んでくる。
なんなら突然「友達」を名乗って手紙までよこしてくる。
そんなお土地柄だ。
先日ジェイ・ザルゴのお願いを聞いて、彼が着いてくるようになった。
おそらく「友達」になったということなのだろう。
このお願いを聞けば、わしは学内にまた友達が増え、
復学したときに暖かく迎え入れてもらえることになるだろう。
そう思ったわしはエンシルの杖がある洞窟へ向かった。続きを読む
posted by マヤ at 04:15| Comment(2) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

【Skyrim その22】忘却のクエスト。

勢いだけの第一部完をしてしまったので
ちょうどいいや一区切りとばかりにのんびりプレイ。
あまり思い入れのないお使いクエストとか、
「その他」にある下の方にたまっている
誰から受けた何をするのかよくわからないクエストを中心に
プレイしておりました。

ソリチュードに家を買う予定だったので
ソリチュードの執政から受けたクエだけは記憶していて
「ウルフスカル洞窟一掃」ってのはわかってたんだけど、
名前的にオオカミ退治だと思ってたら全然そんなことはなかった。



家を買えるようになりはしたものの「25000円ね」に耳を疑い、
この帝国の犬め!と罵ってソリチュードを後にした。
わしがストームクロークだからってふっかけてきたのかもしれない。
ちなみに後から手紙が来て、このウルフスカル洞窟のクエストには
続きがあることがわかった。
あの執政、割と下手に出てた手紙だったので、
また手伝ってやらんでもないけども、家の代金まけてくれないだろうな。
続きを読む
posted by マヤ at 04:52| Comment(0) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

【Skyrim その21】明かりを消せ!決着。

すっかり設定盛りだくさん主人公になってしまったわしだが、
今のわしにはやるべきことがある。
ドラゴンボーンでもなく聞こえし者でもない。
これはわし自身の問題だ。
闇の一党で暗殺の仕事もいくつかこなし、認められた。
今こそその技術を活かし、全てにケリをつける時なのだ。

わしはブラック・ブラッド略奪団のアジトと思われる
ブロークン・オール洞窟へと向かった。
あのときはひとりで行動してしまったが、
今回はヴァルディマーさんを連れて。
本当の愚か者が誰なのか思い知らせてやる。
続きを読む
posted by マヤ at 06:53| Comment(2) | Skyrim | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする